Yahoo!辞書

kotobank > 過分とは

 

過分 【カブン】

  • 2件の用語解説(過分で検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐ぶん 〔クワ‐〕 【過分】
 
[名・形動]
分に過ぎた扱いを受けること。また、そのさま。多く、謙遜しながら感謝を表す場合に用いる。「―な(の)頂き物をする」
態度や振る舞いが、分際をわきまえないこと。また、そのさま。身分不相応。「―な望みをいだく」「父子ともに―の振る舞ひすると見しに合はせて」〈平家・二〉
程度限度を超えていること。また、そのさま。「やせ衰へたる牛などを安々と買ひとって…―に売り」〈虎明狂・牛博労〉

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かぶん【過分】
 
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
分に過ぎた扱いを受けること。身に余るさま。主に謙遜の意で用いる。 ↔ 応分 「 -なおほめにあずかる」
思い上がっていること。僭越なこと。 「平家以ての外に-に候ふ間/平家 1


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過分の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「過分」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ