Yahoo!辞書

kotobank > 錯乱とは

 

錯乱

  • 6件の用語解説(錯乱で検索)

大辞林 第三版の解説

さくらん【錯乱】
 
( 名 ) スル
入り組んでめちゃめちゃになること。こんがらがること。 「事態を-させる」
意識が混濁し,思考に混乱をきたすこと。 「 -状態に陥る」 「頭が-して居るので判然(はつきり)しない/酒中日記 独歩」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくらん【錯乱 confusion 

思考行動の著しい乱れに関する医学用語意識障害といってもよく,自分自身および自分と外界との関係に対する意識希薄になり,時間場所方向などの認識困難で,話や行動にまとまりがなく,周囲と正しい交渉ができない。こうした意識障害はいわば深い昏睡から半覚醒した状態であり,当人は眼を閉じたり開いたりして横たわっていることが多く,歩こうとしてもよろけてぶつかったりする。振戦譫妄(せんもう)といわれるアルコール中毒のさいには幻覚錯覚人物誤認などが活発に現れ,また重い頭部外傷一時期には激しい興奮を伴って錯乱が出現したりする。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

錯乱 【さくらん】

精神医学用語。高度思考障害があるため,話や動作にまとまりがなく,外部状況を誤認して,適した行動をしないなどの混乱状態。意識混濁が起こることも。一般に急性疾患慢性アルコール中毒癲癇統合失調症精神分裂病),老人性認知症痴呆(ちほう))などに見られる。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

さく‐らん 【錯乱】
 
[名](スル)入り乱れて秩序がなくなること。ごちゃごちゃになること。特に、感情や思考が混乱すること。「考えが―する」「―状態」
書名別項。→錯乱

さくらん 【錯乱】
 
池波正太郎歴史小説昭和35年(1960)発表同年、第43回直木賞受賞

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

錯乱
 
池波正太郎時代小説編集。1960年刊行表題作は第43回直木賞受賞。
最終更新日:2013/05/07


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の錯乱の言及

【アメンチア】より
…以来アメンチアは,外因反応型を呈する疾患,すなわち症状精神病の特徴的な意識障害の一型とされた。なおイギリスでは,amentiaは精神遅滞を意味し,かわってconfusionという言葉が用いられる。【石黒 健夫】。…
※「錯乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

錯乱の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「錯乱」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ