Yahoo!辞書

kotobank > 電解製錬とは

 

電解製錬 【でんかいせいれん】

  • 2件の用語解説(電解製錬で検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電解製錬
でんかいせいれん
electrolytic metallurgy

電気分解金属採取精製する製錬法。湿式法と溶融塩法 (溶融塩電解 ) がある。湿式法には不溶陽極式と可溶陽極式があり,前者は採取,後者は精製に応用が多い。(1) 電解採取 亜鉛カドミウムマンガンなどに用いられ,亜鉛が典型例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電解製錬 【でんかいせいれん】

電気分解を応用する金属の製錬。代表的なのは,粗銅など乾式製錬で得た粗金属を陽極,目的金属の硫酸塩などの水溶液を電解液とし,陰極に目的金属を析出させる電解精製で,これは湿式製錬に属し,銅のほか金,銀,ニッケルなどに広く適用
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の電解製錬の言及

【製錬】より
…直接還元によるフェロアロイの電気炉による製造や亜鉛の電熱蒸留がこの例である。(8)電解製錬 溶融塩もしくは水溶液という電解質溶液を利用して,イオンとして溶解している金属を電気化学的に還元する方法。金属塩の形で精製した原料を電解質溶液に溶解して金属に還元する電解採取と,一方の電極で粗金属を溶解させ,一方の電極で純金属を製造する電解精製とがある。…
【冶金】より
…19世紀に入るとマグネシウム,アルミニウム,チタンなどの軽金属が登場する。1807年にH.デービーによる溶融塩電解実験で金属カリウムが得られたことに始まる電気冶金(電解製錬技術)の誕生が,この難還元化合物からの金属製錬を可能にしたのである。金属製錬への電気エネルギーの利用は電気化学という新しい学問の発展を促した。…
※「電解製錬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電解製錬に近い言葉→製錬|電解|製錬炉|電解研磨|揮発製錬|間接製錬|還元製錬|電熱製錬|直接製錬|塩化製錬

電解製錬の関連情報

ショッピング検索

「電解製錬」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月01日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ