コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哀れ

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

あわれ【哀れ】

1 〔かわいそうに思う気持ち〕pity
哀れな|pitiful; 〔みじめな〕miserable; 〔感動的な〕touching
  • 哀れを催す光景
    a pitiful sight
  • 哀れを感じる
    be moved to pity/have [take] pity ((on))/be touched
  • 戦争で親を失った子供達は人々の哀れを誘った
    The people were moved to pity by the war orphans.
  • 哀れな娘
    a pitiable girl
  • 哀れな姿
    a miserable [wretched] appearance
  • 哀れな話
    a touching story
2 〔しみじみとした思い〕
  • ものの哀れを感じる人でなくてはこの詩は理解できない
    You cannot appreciate this poem unless you are sensitive to the pathos of things.
  • 世の哀れをしみじみ思う
    feel keenly the precariousness [capriciousness] of life/feel deeply the pathos of life
3 〔感嘆〕How sad!; ((文)) Alas!
  • 哀れ,その子は3歳にして両親に死に別れた
    Poor child, he was orphaned at the age of three.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android