コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼れだけ

1件 の用語解説(彼れだけの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

あれだけ【彼れだけ】

1 〔あの程度〕
  • あれだけでは足りない
    Just that much is not enough.
  • あれだけ努力したのに失敗した
    For [In spite of] all his effort, he failed.
  • あれだけ注意深ければ事故は起こさないさ
    He is so careful (that) he will not cause an accident.
  • あれだけ不親切な人とは思わなかった
    I did not think he was 「such an unkind man [that unkind].
2 〔あれきり〕
  • あれだけしか金がなかった
    That was all the money I had.
  • あれだけが生きがいだった
    That was the only [sole] thing I lived for.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone