コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Šarru-kin Sarrukin

世界大百科事典内のŠarru-kinの言及

【サルゴン】より

…古代メソポタミア最初のセム系アッカド人の統一王国とその王朝の創始者。アッカド語ではシャッル・キンŠarru‐kin。〈アッカドのサルゴン〉と通称される。…

【サルゴン[2世]】より

…在位,前721‐前705年。アッカド語ではシャッル・キンŠarru‐kin。新アッシリア時代末期に帝国の最盛期を現出した,4代95年にわたるサルゴン朝の創始者。…

※「Šarru-kin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Šarru-kinの関連キーワード太田祐樹サルゴン[2世]サルゴン金哲彦今村優太ママ・キンきんえい荼枳尼天ポート・スーダン金武(町)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone