コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

χ分布 かいじじょうぶんぷ

世界大百科事典内のχ分布の言及

【確率分布】より

…実数値をとる確率変数Xに対してF(x)=P(Xx)とおき,これをXの分布関数という。それは,である。このようなF(x)があるとき,区間I=(a,b]に対して集合関数Φ(I)=F(b)-F(a)を定め,これを実数R上の測度にまで拡張したものをXの分布,または確率分布という。逆に,R上のΦ(R)=1である測度,すなわち確率測度が与えられると,分布関数F(x)=Φ((-∞,x])が一意的に対応し,それはある確率変数の分布関数となる。…

※「χ分布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

χ分布の関連キーワードマクスウェルの速度分布則ウィルコクソン二標本分布ボルツマンの速度分布則マクスウェルの分布則ヴィーンの分布法則マクスウェル気体ポアッソン分布ボルツマン分布ヒストグラム対数正規分布粒度分布法則レイリー分布フェルミ分布アーラン分布ブルーマリン集中定数回路腸管神経系亜熱帯植物速度分布則χ二乗分布

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android