ṣaḥrā'(英語表記)sahra

世界大百科事典内のṣaḥrā'の言及

【砂漠】より

…また高低の差も地域によって異なり,見渡す限りの平たんな地域もあれば,起伏の激しい地域もあり,水平遊牧,垂直遊牧の形態の相違にも関係している。したがって,砂漠を表すアラビア語も多様であり,最もよく知られているのはサフラーṣaḥrā’で,サハラ砂漠の呼称はこれに由来する。またベドウィンの語源であるバドウbadwはハダルḥaḍar(定住,都市)と対をなす概念である。…

※「ṣaḥrā'」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android