Ṭahmāsb(英語表記)Tahmasb

世界大百科事典内のṬahmāsbの言及

【サファビー朝】より

…一方,彼の行った十二イマーム派の国教化,スンナ派信徒の迫害は,スンナ派を奉じるオスマン帝国,ウズベクとの敵対関係を生み,14年最初の対オスマン・トルコ戦でイラン軍は敗北を喫した。24年,10歳のタフマースブṬahmāsb(1514‐76)が即位すると,政治の実権を握ったクズルバシュ貴族たちが互いに勢力を争い,政情が乱れた。ためにオスマン帝国,ウズベクの侵攻に対して十分な手が打てず,首都はタブリーズからカズビーンに移された。…

※「Ṭahmāsb」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android