コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《お化けの世界》 おばけのせかい

世界大百科事典内の《お化けの世界》の言及

【坪田譲治】より

…26年に処女短編集《正太の馬》を刊行,文学と家業の二足のわらじがつづいたが,33年には経営権をめぐるいざこざから島田製織所をやめ,文学一筋の背水の陣をしいた。35年,山本有三の紹介で雑誌《改造》に《お化けの世界》が発表され,好評を博した。また同年,第1童話集《魔法》,第2童話集《狐狩り》も出版され,ようやく坪田文学に日が当たりはじめた。…

※「《お化けの世界》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone