《アイヌ語入門》(読み)あいぬごにゅうもん

世界大百科事典内の《アイヌ語入門》の言及

【知里真志保】より

…その他アイヌ民族の言語,習俗,フォークロアについて広範な研究活動を行い,1958年北海道大学文学部教授となるが,アイヌ人としての強烈な自意識を終生変わらず保ち続けた。上記のほか《アイヌ語法概説》(1936,金田一と共著),《アイヌ民譚集》(1937),《アイヌ語法研究》(1942),《ユーカラの人々とその生活》(1953,54),《アイヌ語入門》(1956),《地名アイヌ語小辞典》(1956)などの著作がある。【中川 裕】。…

※「《アイヌ語入門》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android