コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アウグスティヌス》 あうぐすてぃぬす

世界大百科事典内の《アウグスティヌス》の言及

【ジャンセニスム】より

…ここにジャンセニスムの複雑さと多様性がある。 神学思想としてのジャンセニスムは,後期アウグスティヌスの恩寵観を奉じて,一方では神の預定と恩寵の絶対性を,他方では原罪以後の人間の無力さを強調する。これは,ルネサンスと宗教改革に衝撃を受け,近代世界にどう対応すべきか模索していたカトリック神学の一つの極限的解答であり,キリスト教とヒューマニズムとの調和を図る近代主義的傾向――その代表がイエズス会である――の対極にある立場である。…

※「《アウグスティヌス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《アウグスティヌス》の関連キーワードアウグスチヌス(カンタベリー大司教)聖オーガスティン大修道院聖アウグスティヌスの幻視ジョン キャップグレイヴアウグスチヌス(神学者)イエロースティープルオーニッサンティ教会トマス・ア・ケンピスウルバヌス[8世]ホリールード修道院ベッラパイス修道院トマスアケンピス聖マーティン教会ボナベントゥラジャンセニスムボルトン修道院アンブロシウスカンタベリーコング修道院エリウゲナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android