コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アウグスティヌス》 あうぐすてぃぬす

世界大百科事典内の《アウグスティヌス》の言及

【ジャンセニスム】より

…ここにジャンセニスムの複雑さと多様性がある。 神学思想としてのジャンセニスムは,後期アウグスティヌスの恩寵観を奉じて,一方では神の預定と恩寵の絶対性を,他方では原罪以後の人間の無力さを強調する。これは,ルネサンスと宗教改革に衝撃を受け,近代世界にどう対応すべきか模索していたカトリック神学の一つの極限的解答であり,キリスト教とヒューマニズムとの調和を図る近代主義的傾向――その代表がイエズス会である――の対極にある立場である。…

※「《アウグスティヌス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone