コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アウグスティヌス》 あうぐすてぃぬす

世界大百科事典内の《アウグスティヌス》の言及

【ジャンセニスム】より

…ここにジャンセニスムの複雑さと多様性がある。 神学思想としてのジャンセニスムは,後期アウグスティヌスの恩寵観を奉じて,一方では神の預定と恩寵の絶対性を,他方では原罪以後の人間の無力さを強調する。これは,ルネサンスと宗教改革に衝撃を受け,近代世界にどう対応すべきか模索していたカトリック神学の一つの極限的解答であり,キリスト教とヒューマニズムとの調和を図る近代主義的傾向――その代表がイエズス会である――の対極にある立場である。…

※「《アウグスティヌス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アウグスティヌス》の関連キーワードアウグスチヌス(カンタベリー大司教)ジョン キャップグレイヴ聖オーガスティン大修道院聖アウグスティヌスの幻視アウグスチヌス(神学者)イエロースティープルトマス・ア・ケンピスオーニッサンティ教会ホリールード修道院ベッラパイス修道院ウルバヌス[8世]トマスアケンピス聖マーティン教会ボルトン修道院フランシスコ会ボナベントゥラアンブロシウスジャンセニスムカンタベリーコング修道院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android