コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アカハタ》 あかはた

世界大百科事典内の《アカハタ》の言及

【赤旗】より

… 戦後の《赤旗》は,戦前のものの復刊の形で45年10月20日に発刊され,再刊1号から4号まではリーフレット型で刊行されたが,45年12月5日付5号より新聞型となった。46年1月から題字を《アカハタ》と改め(1966年2月には《赤旗》にもどす),政党機関紙としてはもっとも活発な活動を展開したが,50年6月25日の朝鮮戦争開始の翌日,連合軍最高司令官マッカーサーにより1ヵ月の停刊,さらに7月18日には無期限発行停止を命令された。それとともに,24名の共産党中央委員,17名の《アカハタ》幹部が公職から追放された。…

※「《アカハタ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アカハタ》の関連キーワードまつやま ふみおハンゴーミーバイレッド・パージ赤旗(新聞)井之口 政雄太田 慶太郎小名木 綱夫守屋 典郎石堂 清倫赤木 健介松本 一三志賀 義雄太田慶太郎江森 盛弥聴濤 克巳言論統制加藤悦郎聴濤克巳江森盛弥内野壮児

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android