コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アガニョク》 あがにょく

世界大百科事典内の《アガニョク》の言及

【プラウダ】より

…年中無休でモスクワなど44都市で発行され,発行部数は約1020万部(1983)と,世界最大の新聞の一つとなり,政府機関紙の《イズベスチヤ》と並んで最重要な新聞とされた。発行所の〈プラウダ出版所〉は,ソ連共産党に属する最も古い出版所であり,《プラウダ》のほか,《コムソモールスカヤ・プラウダ》《農村生活》などの新聞,《哲学の諸問題》《歴史学の諸問題》などの理論雑誌,一般誌の《クロコディル》《アガニョクOgonyok》などを刊行し,ソ連の出版所のなかでも有力な存在となっていた。 しかし1980年代後半,ペレストロイカの過程で《プラウダ》は部数も減少し,91年8月の保守派クーデタ失敗後に発行停止処分を受け,同月末に共産党と訣別して中道新聞として再刊したが,92年3月経営難のため休刊。…

※「《アガニョク》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android