コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《アメリカ史におけるフロンティアの意義》とは

《アメリカ史におけるフロンティアの意義》 あめりかしにおけるふろんてぃあのいぎ

世界大百科事典内の《アメリカ史におけるフロンティアの意義》の言及

【ターナー】より

…ウィスコンシン大学(1891‐1910),ハーバード大学(1910‐24)でアメリカ史を教え,1927年から死去までカリフォルニア州のハンティントン・ライブラリーの研究員。1893年《アメリカ史におけるフロンティアの意義》を発表,その後の一連の論文は〈フロンティア学説〉としてまとめられ,アメリカ史の見方を,当時主流を占めていた制度史,憲政史,東部中心のものから,フロンティアおよび西部という環境に重点をおく見方に変えた。同時に,アメリカ史を多数のセクション間の対立,抗争,合従,連衡という角度から見ることの必要性を強調した。…

※「《アメリカ史におけるフロンティアの意義》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アメリカ史におけるフロンティアの意義》の関連キーワードフロンティア学説ターナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android