コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アメリカ文明の興隆》 あめりかぶんめいのこうりゅう

世界大百科事典内の《アメリカ文明の興隆》の言及

【ビアード】より

…1913年《合衆国憲法の経済的解釈》を刊行,憲法制定者たちの経済的利害関係を分析し,毀誉褒貶(きよほうへん)の的となった。その続編にあたるいくつかの著書を発表した後,27年《アメリカ文明の興隆》を刊行,同書はアメリカ史の流れを保守と革新との対立としてとらえ,教科書として広く使用され,アメリカ史を学ぶ者の必読書となった。ビアードには,社会科学研究,政治学,都市行政についての著書も多いが,1922年後藤新平東京市長に招かれて来日,《東京市政論》(1923)を記し,関東大震災後に再度来日,日本にも知己が多い。…

※「《アメリカ文明の興隆》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android