コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アリアーヌと青髯》 ありあーぬとあおひげ

世界大百科事典内の《アリアーヌと青髯》の言及

【青髯伝説】より

…しかし超自然的な青い髯や禁断の部屋のモティーフを手がかりに,より普遍的な原型をさぐる研究もなされている。この主人公のきわめて個性的な風貌と性格のゆえか,後世における再話ないしパロディの試みが盛んであり,グレトリーの《青髯ラウル》(1789)やオッフェンバックの《青髯》(1866),メーテルリンクの《アリアーヌと青髯》(1907),アナトール・フランスの《青髯の七人の妻》(1909),バルトークの《青髯の城》(1911)など,数々の文学・音楽作品の源泉となっている。【巌谷 国士】。…

【デュカース】より

…フランスの作曲家。デュカとも呼ぶ。パリ音楽院に学ぶ。ローマ大賞は逸したが,序曲《ポリュクト》(1891)によって作曲家として成功をおさめた。代表作としては,《交響曲ハ長調》(1896),交響的スケルツォ《魔法使いの弟子》(1897),《ピアノ・ソナタ》(1901),ピアノ曲《ラモーの主題による変奏曲,間奏曲と終曲》(1902),オペラ《アリアーヌと青ひげ》(1906),バレエ曲《ラ・ペリ》(1912)などがある。…

※「《アリアーヌと青髯》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone