《アルミード》(読み)あるみーど

世界大百科事典内の《アルミード》の言及

【グルック】より

…73‐79年には5度パリを訪れて,再びフランス語でオペラを書き,またイタリア語の旧作をフランス・オペラに改訂・上演し,大成功を収めた。ことに《アウリスのイフィジェニ》(1774),《アルミード》(1777),《タウリスのイフィジェニ》(1779)は彼の代表作となった。パリでの成功を娘マリー・アントアネットから伝え聞いたマリア・テレジアは,74年に彼をウィーンの宮廷作曲家に任じ,好遇した。…

※「《アルミード》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android