コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イエスの生涯》 いえすのしょうがい

世界大百科事典内の《イエスの生涯》の言及

【シュトラウス】より

…チュービンゲンで神学を学び,同郷の先輩ヘーゲルに師事すべくベルリン大学におもむいたが,ヘーゲルが急死したため,経歴上はヘーゲルの直弟子ではない。シュトラウスはその著《イエスの生涯》2巻(1835‐36)において聖書の批判的研究を試み,福音書に記されているイエス・キリストの事績は歴史的事実ではなく,原始キリスト教団が〈無意識的〉に生み出した〈神話〉である旨を指摘しつつ,ヘーゲルの宗教哲学を継承する方向で独特のキリスト教論を展開した。彼は歴史的事実と信仰的真理とを区別し,その所説は信仰的真理をなんらそこなうものではないと主張したが,正統派の神学者たちからはもとより,ヘーゲル学派からも激烈な批判を浴びることになった。…

※「《イエスの生涯》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《イエスの生涯》の関連キーワードシュトラウス(David Friedrich Strauß)モーリヤック(François Mauriac)ビブリア・パウペルムイグナティオスの手紙ヘーゲル(年譜)原始キリスト教バイシュラークマタイ伝福音書シュトラウスヘーリアントルカ伝福音書イエス伝研究モーリヤックマタイ福音書キリスト教遠藤 周作共観福音書上総 英郎四福音書固定祝日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《イエスの生涯》の関連情報