コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イタリア年代記》 いたりあねんだいき

世界大百科事典内の《イタリア年代記》の言及

【ムラトーリ】より

…他方,《イタリア中世史論集》は1738年から43年にかけて編集された論文集で,《イタリア史料集成》の重要部分をより深くくわしく掘り下げる意図の下に,1000年より1500年にいたる文化,教会,風俗,法律を取り扱っている。1740年に彼が書きはじめた《イタリア年代記》は,俗語としてのイタリア語が生まれたときから1749年にいたるイタリア史である。これは平明な叙述で一貫し,フランスの歴史家ティユモンやマビヨンの作品に類似し,潤色されぬ真実のみを追求する。…

※「《イタリア年代記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《イタリア年代記》の関連キーワードスタンダール

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android