コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イワン・デニーソビチの一日》 いわんでにーそびちのいちにち

世界大百科事典内の《イワン・デニーソビチの一日》の言及

【ソルジェニーツィン】より

…56年の第20回共産党大会の翌年,ようやく完全に名誉回復され,中部ロシアのリャザンに移り住み,中学校の物理・数学の教師をしながらひそかに文筆活動を始めた。 61年の第22回党大会での激しいスターリン批判をみて,処女作《イワン・デニーソビチの一日》(1962)の発表を決意,文芸誌《ノーブイ・ミール(新世界)》編集長トワルドーフスキーの尽力により,それは実現した。スターリン時代の収容所の一日を抑制のきいた文体で綴ったこの中編小説は一躍世界のベストセラーとなった。…

※「《イワン・デニーソビチの一日》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone