コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《インカの起源にかんする真実の記録》とは

《インカの起源にかんする真実の記録》 いんかのきげんにかんするしんじつのきろく

世界大百科事典内の《インカの起源にかんする真実の記録》の言及

【ガルシラソ・デ・ラ・ベガ】より

…同名の詩人の家系のコンキスタドール(征服者)とインカの王女との混血児として,クスコで生まれた。インカ帝国の栄光を伝えた《インカの起源にかんする真実の記録》(または《インカ皇統記》,1609‐17)は,インディヘニスモ文学の先駆的作品に位置づけられている。1560年にスペインへ渡り,死ぬまでそこにとどまったものの,インカ文明に対する強いあこがれを保持し,インカ文明をヨーロッパ社会と文化との対比において歴史的に叙述したものである。…

※「《インカの起源にかんする真実の記録》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone