コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《インディアスの破壊についての簡潔な報告》とは

《インディアスの破壊についての簡潔な報告》 いんでぃあすのはかいについてのかんけつなほうこく

世界大百科事典内の《インディアスの破壊についての簡潔な報告》の言及

【黒い伝説】より

…とくにハプスブルク朝下のスペインの覇権に敵意をもつ国々は,異端審問にみられる宗教的不寛容と残虐な拷問,およびインディアスの征服におけるコンキスタドールの非道な行為を口実に反スペイン運動を展開し,〈黒い伝説〉を作り上げた。そのなかで1552年セビリャで出版されたラス・カサスの《インディアスの破壊についての簡潔な報告》は著者の意図とはかけ離れて,スペイン人によるスペイン人告発の書として〈黒い伝説〉のなかで大いに利用された。〈伝説〉は19世紀初頭スペインからの独立を目指すイスパノ・アメリカでも,政治的に利用された。…

【ラス・カサス】より

…このとき,国王に征服の不当性を明らかにし,その即時中止を訴える報告書を提出。コンキスタドールの非道な行為を弾劾するこの文書は,52年に印刷される《インディアスの破壊についての簡潔な報告》の母体となり,のちヨーロッパ諸国によってスペインを非難する〈黒い伝説〉に利用される。1542年に〈新法〉(インディアス法)が発布され,みずからもチアパス(現,メキシコ南部)の司教に叙階され,44年インディアスへ渡るが,コンキスタドール,植民者や植民地当局の激しい敵意を受け,結局47年,自己の活動の場を宮廷と定め,生涯で7回目の大西洋横断をしてスペインへ帰る。…

※「《インディアスの破壊についての簡潔な報告》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《インディアスの破壊についての簡潔な報告》の関連キーワードラス・カサス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android