《イーゼンハイム祭壇画》(読み)いーぜんはいむさいだんが

世界大百科事典内の《イーゼンハイム祭壇画》の言及

【グリューネワルト】より

…晩年の《聖エラスムスと聖マウリティウス》《聖母と雪の奇跡》などを除けば,作品の大半はキリストの受難を主題としている。中でも1511‐16年ころイーゼンハイムのアントニウス派修道院のために制作された《イーゼンハイム祭壇画》は,ドイツ絵画史上最大傑作の一つに数えられる。これは観音開き形式の3枚続きの巨大な祭壇画で,《キリスト降誕》《十字架のキリスト》《アントニウスの誘惑》など九つの画面で成り立っている。…

※「《イーゼンハイム祭壇画》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android