コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イードゥナ》 いーどぅな

世界大百科事典内の《イードゥナ》の言及

【ゴート同盟】より

…指導的な人々としては作家アドレルベトJacob Adlerbeth,歴史学教授イェイイェル,スウェーデン体操の父リング,詩人テグネール,詩人アフセリウスArvid August Afzeliusが有名。機関誌は《イードゥナIduna》(1811‐24,1845)で,これにゴート主義ロマン主義の最高傑作,テグネールのロマンス《フリティヨフ物語》の一部が初めて発表された(1820)。この運動は1820年代に停止していくが,その精神は後のパン・スカンジナビア主義と,学問研究(とくに北欧諸語の研究)のなかに継承された(新ゴート主義)。…

※「《イードゥナ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android