コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ウパデーシャ・サーハスリー》 うぱでーしゃさーはすりー

世界大百科事典内の《ウパデーシャ・サーハスリー》の言及

【シャンカラ】より

…主著は《ブラフマ・スートラ注解Brahmasūtrabhāṣya》である。このほか《ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド》などの重要な古ウパニシャッドに対する注釈,《バガバッドギーター》に対する注釈,それに独立作品《ウパデーシャ・サーハスリーUpadeśasāhasrī》などがある。ベーダーンタの伝統は,シャンカラが活躍する以前に深く仏教の影響をうけ仏教化していた。…

※「《ウパデーシャ・サーハスリー》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone