《ウラノメトリア》(読み)うらのめとりあ

世界大百科事典内の《ウラノメトリア》の言及

【星座】より

…イタリアの航海者A.ベスプッチの著書《新世界》(1503)には新しい星空の記述があり,ポルトガルの航海者マゼランに同行したイタリア人A.ピガフェッタの《世界一周の記録》(1523)には南十字星や大,小マゼラン雲の記録がある。南天星座を初めて命名したのはドイツのバイエルンの法律家バイヤーJohann Bayer(1572‐1625)で,1596年ジャワ島沖で客死したオランダの航海者テオドリPetrus Theodoriの手記にしたがい12星座を設定し,全天を51枚に描いた星図《ウラノメトリアUranometria》(1603)にこれらの星座を描写している。バイヤーの星座はふうちょう(風鳥),つる,くじゃく,きょしちょう(巨嘴鳥),みつばち,ほうおう(鳳凰),かじき(旗魚),とびうお,カメレオン,みずへび,インディアン,みなみのさんかくの12星座で南方原産の珍奇な動物名を用いたのが特色である。…

※「《ウラノメトリア》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android