コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エステル》 えすてる

世界大百科事典内の《エステル》の言及

【ヘンデル】より

…しかし,この期間ヘンデルはイタリア・オペラの作曲家としてロンドンに不動の地位を築いたのであった。一方,数多くのオペラのほか,1732年以後ヘンデルは《エステル》(1732)や《アタリア》(1733)などの英語によるオラトリオによって徐々に独自のオラトリオを開拓していく。また《アレクサンダーの饗宴》(1736)のようなイギリス文学との直接の関係を示すオラトリオも試みられた。…

※「《エステル》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《エステル》の関連キーワードフィッシャースペイアエステル化反応フィッシャーのエステル合成反応モノアシルグリセロールレチニルステアレートレフォルマツキー反応コレステリルエステル高メトキシルペクチンソルビタンエステルビタミンAエステル酢酸酪酸セルロースクネフェナゲル縮合セルロースエステルリブロースリン酸エステル転移反応レチニルエステルリボースリン酸クライゼン縮合エステル基交換エチルエステル硫酸エステル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android