《エラノス年報》(読み)えらのすねんぽう

世界大百科事典内の《エラノス年報》の言及

【ユング】より

…しかし,他のサロン的な集りと少々違っていた点は,そこに集まった人々の多くが,当時のヨーロッパの思想界を代表する知識人であり,特に東洋学,宗教史学,心理学などの権威であったことである。さらに毎年新しい主題をめぐって発表され,討議された成果が,《エラノス年報》として出版され,少なからぬ影響をヨーロッパの思想界にもたらしたことも注目される。 エラノス会議はその後ますます盛大となり,今日,われわれが《エラノス年報》を開くときに,不思議な戦慄を覚えるほど,当時のヨーロッパの知性を代表するユニークな学者が多数この集りに参加した。…

※「《エラノス年報》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android