コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エレクとエニード》 えれくとえにーど

世界大百科事典内の《エレクとエニード》の言及

【クレティアン・ド・トロア】より

…伝記未詳。初めオウィディウスの翻訳や,マルク王とイズーの物語などを書いた後,1165年ころ長編《エレクとエニード》を書いて独自の世界を獲得した。これは妻への愛に溺れた騎士が冒険の末に自己を確立する物語であり,次作の《クリジェス》(1176ころ)は夫の甥を愛した王妃が真の愛を貫いて幸福な結末にいたる一種の〈反トリスタン〉物語であって,南仏抒情詩人(トルバドゥール)たちの追求した不倫の恋の主題に対する反措定の立場に立っている。…

※「《エレクとエニード》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone