コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エレクとエニード》 えれくとえにーど

世界大百科事典内の《エレクとエニード》の言及

【クレティアン・ド・トロア】より

…伝記未詳。初めオウィディウスの翻訳や,マルク王とイズーの物語などを書いた後,1165年ころ長編《エレクとエニード》を書いて独自の世界を獲得した。これは妻への愛に溺れた騎士が冒険の末に自己を確立する物語であり,次作の《クリジェス》(1176ころ)は夫の甥を愛した王妃が真の愛を貫いて幸福な結末にいたる一種の〈反トリスタン〉物語であって,南仏抒情詩人(トルバドゥール)たちの追求した不倫の恋の主題に対する反措定の立場に立っている。…

※「《エレクとエニード》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone