コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》とは

《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》 おるほんおよびえにせいのひぶんのかいどく

世界大百科事典内の《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》の言及

【トムセン】より

…印欧語については,ロマンス語の音韻史,ゲルマン語とバルト語との関係,ゲルマン語およびバルト語とフィン語との関係についての論文がある。1893年,シベリアのオルホン川,エニセイ川両河岸で発見された碑文を解読し,最古(8世紀)のチュルク語(チュルク諸語)資料を提供した業績は世界言語学史上に輝くもので,日本の東洋史家の間に古くから知られている(1894年刊《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》,1896年刊《解読されたオルホン碑文》)。のち,ヒンディー語,サンターリー語を研究した。…

※「《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《オルホンおよびエニセイの碑文の解読》の関連キーワードトムセン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android