コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《カタリーナ・ブルームの失われた名誉》とは

《カタリーナ・ブルームの失われた名誉》 かたりーなぶるーむのうしなわれためいよ

世界大百科事典内の《カタリーナ・ブルームの失われた名誉》の言及

【ベル】より

…その後も,戦後のドイツ市民の生き方の道義的基盤を,その戦前戦中の行動への自己批判に求めようとする姿勢から,作品構成にも実験的意欲を見せた《九時半の玉突き》(1959),カトリック信徒の生態への批判が強い《道化の意見》(1963),戦時のロシア人俘虜を恋人にもった女性を主人公とする《婦人のいる群像》(1971)などの大作がつぎつぎに生まれる。反体制運動の一部が過激化してテロリズムを生んだとき,これを利用して市民の反共意識をあおり立てようとした通俗大衆紙に論戦を挑み,そのために経験した長期にわたる苦しい闘いからは《カタリーナ・ブルームの失われた名誉》(1974)という現代マス・メディア批判の作品が生まれた。【藤本 淳雄】。…

※「《カタリーナ・ブルームの失われた名誉》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《カタリーナ・ブルームの失われた名誉》の関連キーワードベル(Heinrich Böll)アンゲラ ヴィンクラーシュレンドルフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android