コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カムチャツカ誌》 かむちゃっかし

世界大百科事典内の《カムチャツカ誌》の言及

【カムチャツカ半島】より

…州都には科学アカデミーの火山学研究所がある。半島における本格的な学術調査は,18世紀前半,ピョートル大帝の命によるカムチャツカ大探検(隊長V.J.ベーリング)が最初で,当時のこの地の状況はクラシェニンニコフの《カムチャツカ誌》(1756)に詳しい。以降この地はロシアの手で開発されたが,1860年からはアメリカ合衆国の毛皮会社も入り,1905年以降は第2次大戦まで日本が沿岸漁業権を得,サケ・マス漁区,カニ漁区を経営した。…

【クラシェニンニコフ】より

…モスクワのスラブ・ギリシア・ラテン学院,ついでペテルブルグ大学で学び,1733‐43年ベーリングを長とする第2次カムチャツカ探検隊に加わった。1733‐36年のシベリア調査では,ドイツ出身の学者グメリンJ.Gmelin,ミュラーG.Müllerに師事,37‐41年には単独でカムチャツカ半島の自然と住民を調査し,その成果とドイツ出身の博物学者シュテラーの調査資料を合わせて《カムチャツカ誌Opisanie zemli Kamchatki》(1755)を著した。本書はカムチャツカの地理,およびイテリメン族の習俗・言語に関する最初の報告書として知られ,その内容の一部は,オランダ語訳を通じて,江戸時代の蘭学者前野良沢によって《柬察加志》(1790。…

※「《カムチャツカ誌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone