コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カラー・クラシック》 からーくらしっく

世界大百科事典内の《カラー・クラシック》の言及

【フライシャー兄弟】より

…1926‐31年に,オルガン伴奏で上映される《スクリーン・ソング》(1929年からトーキー化)などをつくった。以後,《トーカーツーン》(1930‐32)を約40本,愛らしくもエロティックな女の子《ベティ・ブープ》(1931‐39)を約89本,エルジー・C.シガーの漫画のアニメ化《ポパイ・ザ・セーラー》(1933‐42)を約105本,ディズニーの《シリー・シンフォニー》に対抗した《カラー・クラシック》(1934‐40)を約35本等々をつくった。 検閲機関ヘイズ・オフィスから注意されたほどセクシーなベティ,豪快なバーバリズムのポパイなどの強烈なキャラクターに代表されるフライシャーの作風は〈エロ・グロ・ナンセンス〉という表現にまとめられる。…

※「《カラー・クラシック》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《カラー・クラシック》の関連キーワードフライシャー兄弟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android