コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《ガリアにおけるフランス王権確立の批判的歴史》とは

《ガリアにおけるフランス王権確立の批判的歴史》 がりあにおけるふらんすおうけんかくりつのひはんてきれきし

世界大百科事典内の《ガリアにおけるフランス王権確立の批判的歴史》の言及

【デュボス】より

…20年アカデミー・フランセーズ会員に選ばれ,22年にダシエが没するとその終身書記の席を継いだ。34年に出版した《ガリアにおけるフランス王権確立の批判的歴史》3巻は,ブーランビリエのフランク族のメロビング朝がローマ帝国を継承したとする説(ロマニスト派と名づけられた)に対して,フランク族はガリア人の招請によって統治者となったと考えるゲルマニスト説を唱えた。モンテスキューは《法の精神》でデュボスの主張を否定したが,19世紀にシャトーブリアンはフランク族史に暗いモンテスキューの批判は当たらないとした。…

※「《ガリアにおけるフランス王権確立の批判的歴史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone