コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ガリア物語とトロイア綺談》 がりあものがたりととろいあきだん

世界大百科事典内の《ガリア物語とトロイア綺談》の言及

【アレゴリー】より

…またJ.カッツやルーマー・フィッシャーはその書のなかで子どもの遊戯を寓意化し,例えば,シャボン玉をこの世のむなしさ,独楽(こま)回しを鞭打たれないと働かない人間への教訓とするなど,オランダの寓意図像集は道徳的教えを説くものが多い。フランスではJ.ルメール・ド・ベルジュの《ガリア物語とトロイア綺談》(1510),P.deロンサールの《神々の書》(1578)が神話の流布を促進した。イギリスではイタリアの提要書に大いに啓示をうけ,エリザベス朝時代の〈宮廷仮面劇〉などは〈アレゴリーの競演〉といえよう。…

※「《ガリア物語とトロイア綺談》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android