コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《キャッチ-22》 きゃっちにじゅうに

世界大百科事典内の《キャッチ-22》の言及

【ヘラー】より

…高校卒業後,空軍に入って第2次大戦の際イタリアで従軍。その体験を織りこんだ処女作《キャッチ‐22》(1961)は,戦争小説の形をとりながら,現代アメリカの資本主義体制の不条理を痛烈に風刺しており,ベトナム戦争に反対する若者のあいだで爆発的な人気を博した。《輝けゴールド》(1979)は政界入りの野心に燃えるユダヤ人大学教授の内面的な堕落を描いた小説である。…

※「《キャッチ-22》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《キャッチ-22》の関連キーワードヘラー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android