コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《キリストと社会》 きりすととしゃかい

世界大百科事典内の《キリストと社会》の言及

【ゴア】より

…1921年から24年にかけ《神への信仰》《キリストへの信仰》《聖霊と教会》の三部作を刊行し,キリスト受肉論を基礎としたアングロ・カトリック主義を確立し,日本聖公会を含む世界の聖公会に強い感化を与えた。社会問題にも関心が強く,《キリストと社会》(1928)でキリスト教福音の社会的意味を強調し,バーミンガム時代は社会実践に励んだ。【八代 崇】。…

※「《キリストと社会》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《キリストと社会》の関連キーワードゴア

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android