《ドイチェ・レビュー》(読み)どいちぇれびゅー

世界大百科事典内の《ドイチェ・レビュー》の言及

【青年ドイツ派】より

…彼らが〈文学的批評〉をドイツ三月革命前期における,もっとも重要なジャンルに発展させた意義はきわめて大きい。グツコーとウィーンバルクが発起人となって1835年12月に発刊を予定した《ドイチェ・レビュー》は,そのような〈文学的批評〉の壮大な実験になるはずであった。しかし,それも35年のハイネ,グツコー,ウィーンバルクら青年ドイツ派への禁止令により,ついに幻の雑誌で終わる。…

※「《ドイチェ・レビュー》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android