《ドイツ法学におけるユダヤ人》(読み)どいつほうがくにおけるゆだやじん

世界大百科事典内の《ドイツ法学におけるユダヤ人》の言及

【ジンツハイマー】より

…ユダヤ人であったため,ナチ政権に追われてアムステルダム大学教授となった。C.シュミットが《ドイツ法学におけるユダヤ人》でユダヤ人法学者を攻撃したのに反論して,シュタール,ゴルトシュミット,デルンブルク,ラーバント,イェリネック,エールリヒらの功績を強調した。主著は《労働法原理》(1921)。…

※「《ドイツ法学におけるユダヤ人》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android