《ドイツ法学におけるユダヤ人》(読み)どいつほうがくにおけるゆだやじん

世界大百科事典内の《ドイツ法学におけるユダヤ人》の言及

【ジンツハイマー】より

…ユダヤ人であったため,ナチ政権に追われてアムステルダム大学教授となった。C.シュミットが《ドイツ法学におけるユダヤ人》でユダヤ人法学者を攻撃したのに反論して,シュタール,ゴルトシュミット,デルンブルク,ラーバント,イェリネック,エールリヒらの功績を強調した。主著は《労働法原理》(1921)。…

※「《ドイツ法学におけるユダヤ人》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android