《ドフンダ》(読み)どふんだ

世界大百科事典内の《ドフンダ》の言及

【アイニー】より

…革命後はタジク共和国の要職を歴任。著作には同時代のブハラ社会を活写した小説《ドフンダ》(1930),《回想録》(1949‐54。ロシア語よりの邦訳《ブハラ》),10世紀以来のタジク文学の精華を集めた《タジク文学精選》(1926)などがあり,タジク・ソビエト文学の創始者とよばれる。…

※「《ドフンダ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android