《ヌオービ・アルゴメンティ》(読み)ぬおーびあるごめんてぃ

世界大百科事典内の《ヌオービ・アルゴメンティ》の言及

【モラビア】より

…一方,短編の名手として短編集《ローマの物語》(1954)ほか,作品はきわめて多い。雑誌《ヌオービ・アルゴメンティ》(1954‐ )を創刊,主宰した。評論集《目的としての人間》(1964)ほかでは,作家の〈参加‐責務〉を主張。…

※「《ヌオービ・アルゴメンティ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報