コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《一般社会学体系》 いっぱんしゃかいがくたいけい

世界大百科事典内の《一般社会学体系》の言及

【ウィーゼ】より

…第2次大戦後ただちに西ドイツに復帰,学界の長老としてケルン大学にケーニヒR.König,ショイヒE.Scheuchら経験的社会研究empirische Sozialforschungの人脈を育成した。《一般社会学体系》(第2版,1933)は理論上の主著で,社会学を関係学Beziehungslehreと形象学Gebildelehreに分かち,競争・対立・葛藤などの社会過程や,集団・団体などの社会形象を分析した。ドイツの哲学的伝統に根ざす観念論的傾向に抗して,実証的・経験的な社会学の流れをつくり出した点に最大の功績がある。…

※「《一般社会学体系》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《一般社会学体系》の関連キーワードウィーゼ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android