コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《一般集落交通地理学》 いっぱんしゅうらくこうつうちりがく

世界大百科事典内の《一般集落交通地理学》の言及

【集落地理学】より

…いずれのパターンについても,規則性と不規則性が区別され,最近ではそれらの計量分析も進んできた。 すでに20世紀初頭,リヒトホーフェンは《一般集落交通地理学》(1908)において,居住様式を〈定着的〉と〈移動的〉に区別し,集落の自然への依存性を強調した。その後O.シュリューターの北東チューリンゲンの研究(1903)やブランシャールのグルノーブルの都市研究(1911)などによって,大縮尺の地形図,古地籍図,文献などを利用した現地調査に基づく実証研究の基礎が固められた。…

※「《一般集落交通地理学》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android