《二天記》(読み)にてんき

世界大百科事典内の《二天記》の言及

【鎖鎌】より

…片手に鎌のついた柄を握って構え,片手で分銅のついた鎖を振り回して分銅で相手を打ちつけ攻撃し,また鎖を相手の武器に巻きつけてこれを奪い,引き寄せて鎌で相手を打ち切り,かき切る。鎖鎌術考案の始祖ははっきりしないが,《二天記》に,宮本武蔵と戦って敗れたとされる宍戸梅軒が有名である。流派としては,剣術,槍術(そうじゆつ),なぎなたなどと兼ねあわせて行われているものが多く,一心流,正木流,天道流,荒木流,戸田流などがあり,種々の技法を伝えているが,文献資料がほとんど伝わらず詳細は不明である。…

※「《二天記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android