《二天記》(読み)にてんき

世界大百科事典内の《二天記》の言及

【鎖鎌】より

…片手に鎌のついた柄を握って構え,片手で分銅のついた鎖を振り回して分銅で相手を打ちつけ攻撃し,また鎖を相手の武器に巻きつけてこれを奪い,引き寄せて鎌で相手を打ち切り,かき切る。鎖鎌術考案の始祖ははっきりしないが,《二天記》に,宮本武蔵と戦って敗れたとされる宍戸梅軒が有名である。流派としては,剣術,槍術(そうじゆつ),なぎなたなどと兼ねあわせて行われているものが多く,一心流,正木流,天道流,荒木流,戸田流などがあり,種々の技法を伝えているが,文献資料がほとんど伝わらず詳細は不明である。…

※「《二天記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android