コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《偉大なるタモルランの生涯と所業》とは

《偉大なるタモルランの生涯と所業》 いだいなるたもるらんのしょうがいとしょぎょう

世界大百科事典内の《偉大なるタモルランの生涯と所業》の言及

【クラビホ】より

…1403年5月,エンリケ3世の派遣した対ティムール朝使節団の団長としてカディスのサンタ・マリア港を出発,04年9月,サマルカンドでティムールに会見,06年3月,サン・ルーカル港に帰着。帰国後,旅行中の見聞を記した《偉大なるタモルランの生涯と所業》を著す。その詳細かつ正確な記述によって15世紀初頭の中央アジア研究のための第一級史料とされている。…

※「《偉大なるタモルランの生涯と所業》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《偉大なるタモルランの生涯と所業》の関連キーワードクラビホ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android