コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《偉大なるタモルランの生涯と所業》とは

《偉大なるタモルランの生涯と所業》 いだいなるたもるらんのしょうがいとしょぎょう

世界大百科事典内の《偉大なるタモルランの生涯と所業》の言及

【クラビホ】より

…1403年5月,エンリケ3世の派遣した対ティムール朝使節団の団長としてカディスのサンタ・マリア港を出発,04年9月,サマルカンドでティムールに会見,06年3月,サン・ルーカル港に帰着。帰国後,旅行中の見聞を記した《偉大なるタモルランの生涯と所業》を著す。その詳細かつ正確な記述によって15世紀初頭の中央アジア研究のための第一級史料とされている。…

※「《偉大なるタモルランの生涯と所業》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《偉大なるタモルランの生涯と所業》の関連キーワードクラビホ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android