コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《偉大な伝統》 いだいなでんとう

世界大百科事典内の《偉大な伝統》の言及

【リービス】より

…リービスは自分の信念を批評誌《スクルーティニー》(1932‐53)に盛りこみ,また《現代詩における新方位》(1932),《再評価》(1936)などの単行本により結晶させた。しかし,それが最も強烈に独善的なまでに主張されたのが《偉大な伝統》(1948)である。このなかで,真にイギリスらしい伝統を背負った一連の小説家(G.エリオット,H.ジェームズ,J.コンラッドなど)しか〈偉大〉と認めないと宣言した。…

※「《偉大な伝統》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《偉大な伝統》の関連キーワードウェルゲランドラクロワリービスヒックスバトラー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android