コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《刊謬補欠切韻》 かんびゅうほけつせついん

世界大百科事典内の《刊謬補欠切韻》の言及

【韻書】より

…有坂秀世《隋代の支那方言》(1936)によれば,《切韻》の音韻組織は,河南省地方の言語を基礎とする北方標準語に,若干南方標準語の要素が加味されたものであるという。完全本である王仁煦《刊謬補欠切韻》(706)は5巻,195韻。孫愐《唐韻》(751)は5巻,206韻で,義注がふえ,字書的性格が強まってくる。…

※「《刊謬補欠切韻》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《刊謬補欠切韻》の関連キーワード切韻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android