《初恋》(読み)はつこい

世界大百科事典内の《初恋》の言及

【ツルゲーネフ】より

…《けむり》(1867)で改革のから騒ぎへの幻滅を示し,《処女地》(1877)で〈民衆の中へ〉の運動の悲劇を書いた。《アーシャ》(1858),《初恋》(1860),《春の水》(1872)などの美しい自伝的作品もある。《散文詩》(1882)は哲学と人間の主題の晩年の郷愁の詩である。…

※「《初恋》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android