コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《化学要論》 かがくようろん

世界大百科事典内の《化学要論》の言及

【化学】より

…この事実に基づき,ラボアジエは物質の燃焼が空気中の酸素との化合であることを示した(1784)。ラボアジエは彼の燃焼理論を基礎として,きたるべき世代の化学者のための教科書《化学要論》2巻(1789)を出版した。この本は物理学のなかでニュートンの《プリンキピア》が占めているものと同じ位置を占めているといわれている。…

【科学教育】より

…ガリレイがその天文学や力学上の諸発見を発表した《天文対話》(1632)や《新科学講話》(1638)は,啓蒙的,教育的な性格を備えており,当時の国際的な学問用語のラテン語でなく,イタリア語で書かれていた。ニュートンの《プリンキピア》(1687)は例外だが,ニュートンの《光学》(1704)やラボアジエの《化学要論》(1789)が英語,フランス語で書かれたのも,教育,啓蒙と研究の一体感の現れである。
[発展]
 近代科学は19世紀半ばごろまでほとんど大学に迎え入れられることがなかった。…

※「《化学要論》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《化学要論》の関連キーワード加藤 与五郎加藤与五郎ラボアジェラボアジエ杉田玄端久原躬弦

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android